So-net無料ブログ作成
紙の月 ブログトップ
前の1件 | -

紙の月 あらすじ ネタバレ [紙の月]

スポンサーリンク




紙の月 あらすじ やネタバレについて紹介しておきますね。
ドラマのあらすじを簡単に書いていき、その後の展開は原作で予想してみます。
女子高時代の同窓会で再会した岡崎木綿子と中条亜紀。
その会場は親友だった梅澤梨花が起こした事件の話題で持ち切りだった。
パート先の銀行から1億円もの金を横領し、海外に逃亡して指名手配された梨花。
木綿子と亜紀は梨花とのエピソードを思い出しながら、事件について思いを巡らせるのだった・・・
サラリーマンの夫・正文と2人暮らしの専業主婦が、なぜ1億円もの金を必要としたのか?
報道では若い男に貢いだとされているが、それを信じられない2人。
ドラマではそんなはじまり方をするわけです。

裕福な家庭に生まれ、大人になってからもカード会社で働き、安定した収入を得ていた梅澤梨花。
夫・正文との結婚を機に家庭に入る、愛する人と幸せな日々をおくるはずだったが・・・
子どももできず、何をするにも夫に許可をとらなければならない立場というのは梨花には窮屈で、
次第に暗く落ち込んで行く。
しかし、友人の中條亜紀に、前職を生かして銀行でパートタイマーをするのはどうかと勧められ、
再び働きに出ることを決めるのだった。

働き始めて、梨花は明るさを取り戻すが、夫である正文は梨花が稼ぐのがおもしろくないようで、
夫との心のすれ違いも1年程続いていた。
そんななか、梨花は意を決して資格を取得してフルタイム勤務に変えた。

そして、顧客である平林孝三の家で孫の光太と出会うのだった。
一緒にバーに行って光太に褒められたりいいなと思っていたなど言われて、
梨花はうれしくなり、営業終りによったデパートで衝動的に高い化粧品などを買ってしまう。
それも、顧客から預かったお金で。
そこから梨花の感覚はくるっていくのだった・・・・・。

その後、光太とよく会うようになり関係をもちのめりこんでいく梨花。
高額な買い物にも躊躇しなくなり、光太のために借金をかえしてやったり。
そのお金は定期預金証書を偽造し、お金を着服したり、
どんどんと感覚はくるっていくばかり・・・・・



【送料無料】紙の月 [ 角田光代 ]






スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の1件 | - 紙の月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます